ピルは通販で買える
当サイトについて

日本でピルを入手するにはどうしたら良いか知っていますか?日本ではピルを購入するには病院へいき、処方してもらうという方法が一般的であり、ドラッグストアなどでは手に入れることができません。しかし、海外から個人輸入という形を利用して入手することができます。簡単に言えばネット通販で手に入れることができるのです。

もしも避妊に失敗したらアフターピルで回避

アフターピルは避妊に失敗してしまった場合などに服用することで妊娠を防ぐことができるピルです。
モーニングアフターピルと呼ばれることもあります。
アフターピルは、あくまでも緊急避妊薬であるため常用するものではないことをしっかりと認識しておく必要があります。
何らかの理由で意図せず妊娠の可能性がある場合に服用します。
アフターピルは低用量ピルなどのピルと違い、妊娠を回避するために性行為の72時間以内に一回一錠服用することが基本です。
72時間以内に服用することで妊娠を回避する効果を得ることができますが、性行為から時間が経過するにつれて避妊を回避できる確率が下がってしまうので、性行為後できるだけ早く服用するようにすることが大切です。

アフターピルは低用量ピルなどと異なり、薬剤に多量のホルモン剤が含まれています。
その分身体に対する負担も大きくなるため、副作用も他のピルと比べて強く出る傾向があります。
代表的な副作用としては吐き気があげられます。
アフターピルを服用した後、薬剤が十分に身体に吸収される前に吐き気をもよおして吐いてしまうと、十分に妊娠回避のための効果を得ることができない可能性があるため注意が必要です。
空腹時に服用すると副作用によって吐き気が強まる傾向があることから、食後に服用した方が安心です。

アフターピルは受精卵が子宮内膜へ着床することを防止する作用や、排卵を遅らせる作用があることによって妊娠を回避することができる薬です。
ホルモン含有量が非常に多いため、自然に備わっている身体のホルモンバランスを急激に変化させます。
後でも説明するように、アフターピルは中絶薬とは異なる薬剤であることから、受精卵が着床した後に服用しても意味がありません。
精子と卵子が受精し、受精卵の着床を防ぐ効果と排卵を遅らせる効果を有しているため受精卵が着床した後では十分な効果を得ることはできません。
基本的に受精卵が着床する前、72時間以内にアフターピルを服用しないと避妊効果を得ることはできません。
できるだけ早くアフターピルを服用することが大切です。

アフターピルは中絶薬ではない

アフターピルは中絶薬とは全く異なる薬剤です。
海外で中絶薬が認められているところもありますが、日本では中絶薬は認められていません。
アフターピルと異なり、中絶薬はすでに着床した受精卵を身体の外に排出する働きをもっています。
その分身体に大きな負担をかけることになり、アフターピルよりもさらに厳しい副作用がある場合がほとんどです。
嘔吐・下痢・倦怠感・発熱・目眩などの症状があらわれるのが一般的です。女性の身体にかなり大きな負担をかけ、とても大きなリスクがあります。

アフターピルはあくまでも受精卵の着床を防ぎ、排卵を遅らせることによって避妊の効果を得られる薬です。
精子と卵子が受精卵となり着床した後では避妊効果を発揮することはありません。
アフターピルを服用せずに望まない妊娠をしてしまった場合、残された手段は中絶しかなくなってしまいます。
意図せずに妊娠の可能性のある性行為を行ってしまった場合には、できるだけ早くアフターピルを服用することが大切です。
人工中絶は女性の身体に非常に大きな負担をかけます。
自分の身体を守るためにも、望まない妊娠を回避することができるアフターピルについて正しい知識を持っておくことが大切です。

もちろん、アフターピルも身体に大きな負担をかける薬剤であることには間違いありません。
日頃からしっかりと避妊を行うことによって望まない妊娠を避けるようにすることが大切です。
アフターピルは常用するものではなく、あくまでも緊急避妊薬であることをしっかりと認識し、用法と用量を守って正しく服用することが大切です。
アフターピルを72時間以内に服用すればかなり高い確率で避妊することができますが、完全に避妊が成功するとは限りません。
日頃からしっかりと避妊を心がけておくことが大切です。