ピルは通販で買える
当サイトについて

日本でピルを入手するにはどうしたら良いか知っていますか?日本ではピルを購入するには病院へいき、処方してもらうという方法が一般的であり、ドラッグストアなどでは手に入れることができません。しかし、海外から個人輸入という形を利用して入手することができます。簡単に言えばネット通販で手に入れることができるのです。

ピルで人気なのはトリキュラー

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあります。
いずれもエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが含まれています。
エストロゲンの種類はエチニルエストラジオールですが、プロゲステロンはレボノルゲストレルです。
ピルはエストロゲンの用量によって超低用量から高用量まで4種類が存在します。
トリキュラーは低用量ピルに分類されます。さらに低用量ピルはプロゲステロンの種類によって4つの世代に分類できます。

トリキュラーにはレボノルゲストレルというプロゲステロンが含まれており、第2世代ピルに該当します。
21錠タイプと28錠タイプが存在し、いずれも3相性ピルとされます。
3相性ピルは女性の生理的なホルモンの変化に対応させるため、1周期服用する間にホルモン量が3段階変化します。
月経周期を安定化するのに有効です。
エストロゲンとプロゲステロンは避妊効果だけでなく、月経周期の安定化や生理以外での不正出血対策などに効果があります。

トリキュラーのような低用量ピルは主に避妊効果を期待する人に処方されます。
エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルという2種類の女性ホルモンが脳下垂体に働きかけることで、排卵を起こらなくします。
また受精卵が着床しにくくなり、精子が子宮に入りづらくなります。トリキュラーを正しく服用すれば、100%の避妊効果を期待できます。
最初の1錠は生理初日に服用します。また毎日一定の時間に服用することが重要です。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあり、扱いが多少異なります。
28錠タイプには7錠の偽薬が含まれています。トリキュラーの21錠タイプには赤い錠剤が6錠、白い錠剤が5錠、黄色の錠剤が10錠あります。
生理初日から赤、白、黄色の順に21日かけて服用します。その後の7日間は休薬期間です。
29日目からは出血があってもなくても新しいシートを飲み始めます。
28錠タイプは休薬期間に偽薬を使用することで、毎日ピルを服用する習慣を身につけることができます。

トリキュラーで生理周期を安定させる

トリキュラーには避妊効果だけでなく、月経周期を安定化する効果があります。
低用量ピルを正しく服用すれば、生理不順の場合でも月経周期を28日に整えることができます。
次の生理がいつ始まるのかが予測できるため、毎月のスケジュールを立てるのにも有効です。
旅行に行くなど生理が重なると困る場合には、トリキュラーを使用して生理日をずらすことができます。
トリキュラーは生理初日から服用しますが、遅れた場合の最初の1周間は他の避妊法を併用します。

低用量ピルには100%の避妊効果と月経周期を安定化させる効果があります。
ただし休薬期間以外は毎日服用することが求められます。
服用するタイミングは、食前でも食後でも問題ありません。毎日1錠を決まった時間に服用します。
飲み忘れた場合には、翌日の服用時間まで服用できます。
翌日の服用時間前に飲み忘れに気づいた場合には、まず飲み忘れた分を服用しその日の分は時間通りに服用します。
飲み忘れた次の日の服用時間になってしまった場合には2錠をまとめて飲みます。

トリキュラーの服用を忘れて翌日の服用時間を過ぎてしまった場合には、服用を中止して次の生理を待ちます。
新しいシートを使用して最初から服用を始めることになります。
28錠タイプでは22日目から28日目まで偽薬を服用します。偽薬を飲み忘れても問題はないので、服用を継続できます。
21錠タイプも28錠タイプも効果は同じですが、毎日トリキュラーを服用する習慣を身につけたい場合には28錠タイプを選択します。

トリキュラーを継続的に服用すれば、月経周期を28日で安定化することができます。
避妊効果を求める場合だけでなく、月経周期をコントロールしたい場合にも有効です。
服用を止めた場合には本来の月経周期が回復します。早ければ2か月から3か月ほどすると妊娠できるようになります。