ピルは通販で買える
当サイトについて

日本でピルを入手するにはどうしたら良いか知っていますか?日本ではピルを購入するには病院へいき、処方してもらうという方法が一般的であり、ドラッグストアなどでは手に入れることができません。しかし、海外から個人輸入という形を利用して入手することができます。簡単に言えばネット通販で手に入れることができるのです。

ピルを通販するなら事前に薬の作用や効果を知っておく

ピルは日本だけではなく、世界中の女性に処方されている経口避妊薬のことを指します。
一般的には避妊効果を得ることを目的として服用する方が多いですが、ピルには避妊効果だけではなく生理痛や生理周期を整えてくれる作用もあります。
しかし、ピルは誤った服用をすると、正しい効果を得られなくなってしまいます。
服用を始める前に、事前に自分でよく調べたり、病院で医師などに相談することが大切です。

ピルの作用と効果について詳しく解説していきます。
ピルには「卵胞ホルモン(エストロゲン)」、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と呼ばれる2つの種類の女性ホルモンが含まれています。
ピルを服用することでこの2つのホルモンが増加します。
通常2つのホルモンが増えるのは排卵後になるので、脳が「今の身体は排卵後の状態だ。」と認識します。
こうすることで、排卵が起こらなくなり、避妊効果が得られるという仕組みになっています。
ピルの長所は高い効果が期待できるうえに、副作用が現れにくいという点にあります。

しかし、飲み始めてから1週間あたりは副作用が出やすい傾向にあります。
特に見られやすい副作用は吐き気や、胃のむかつき、嘔吐や頭痛です。
飲み続けることで身体が慣れていき、副作用も見られなくなっていきますが2シート目以降も副作用が強く現れる場合には、医師などに相談するようにして下さい。

ピルを服用するうえで最も気をつけたいのが飲み忘れです。ピルは1日1錠、決まった時間に飲む必要があります。
2錠の飲み忘れがあると、避妊効果などを得られなくなり、服用も中止しなければなりません。
そうなった場合にはもう一度生理が始まったら新しいシートを1枚目から飲み直す必要があります。
飲み忘れてから24時間以内に気付いた場合はすぐに服用し、その日の分も決まった時間に飲むようにしましょう。
ピルを服用する際には正しく、高い効果を得るために守らなければならないルールがいくつかあるので、事前に知っておくことはとてと大切です。

通販で購入した薬で問題が起きても自己責任となる

ピルの入手方法としては病院の産婦人科等で受診をして、処方してもらうというのが一般的です。
日本では未だに浸透しきっていないため、全ての産婦人科で処方しているというわけではなく8割程度の産婦人科がピルを処方しています。
要指示薬の扱いになっているため、薬局にいっても医師の処方箋がないと購入することはできません。
ですが、病院での処方以外にも入手方法はあります。

ピルは通販サイトからでも購入することができます。
通販サイトからの購入であれば受診して処方してもらった場合よりも安く、かつ大量に入手することが可能です。
しかし、通販サイトでの購入にはいくつか注意しなければならないことがあります。もし通販で購入した薬に不備があったりしても自己責任となります。

通販サイトでのピルの購入の危険性について詳しく紹介していきます。
ピルを通販で購入する際に、最も気を付けるべき点が偽造品です。世界中でも問題になっています。
偽造品の中でも有効成分が一切含まれていないものと、有効成分も一応含まれているが、重金属や毒物などの不純物まで一緒に含まれているものの2種類あります。
前者ならまだしも、後者はピルとしての効果が現れるので飲み続けてしまうという危険性が出てきてしまいます。
通販で売っているものは成分表が曖昧で、何が含まれているのかというのが分かりにくいため注意する必要があります。

偽造品と正規品の見分けは機械などでないと分かりません。
処方されたものには医薬品副作用被害救済制度という、文字通り副作用が見られた場合に医療費の給与などの救済をしてくれる制度が設けられていますが、通販で買うものには設けられていません。
何があっても自己責任となるので、もし通販で購入する際には注意して購入しましょう。