ピルは通販で買える
当サイトについて

日本でピルを入手するにはどうしたら良いか知っていますか?日本ではピルを購入するには病院へいき、処方してもらうという方法が一般的であり、ドラッグストアなどでは手に入れることができません。しかし、海外から個人輸入という形を利用して入手することができます。簡単に言えばネット通販で手に入れることができるのです。

マーベロンで生理日を遅らせることができる

女性は多かれ少なかれ、ホルモンバランスの変化で体調や気持ちが左右されやすいものです。
特に生理は女性にとって悩みの種、生理前から痛みや気分の低下を感じて毎月憂鬱になっているという方もいるでしょう。
特に経血の量が多い方、痛みが激しい方の場合、生理休暇を取らないと日常生活を送るのさえ困難だという方もいます。
普通の方であっても、もしもちょうど生理が来るという予定日に旅行など大事な予定が重なってしまったら大変です。
温泉に入れないだけでなく、旅行先で布団を汚したら困るし、痛みで観光ができなくてももったいない。そんなときにもピルは活用できるのです。
ピルを使って生理日を移動して旅行の日は快適な状態で行けるようにしてください。

マーベロンは低用量ピルと呼ばれる種類のもので、避妊だけでなく月経移動にも使えて便利です。
もしも月経を早めたいというのであれば、直前の月経の5日目くらいから10日程度服用しましょう。
服用を終了した2から3日後くらいから少ない量の出血が始まります。
月経を遅くしたいというなら月経開始予定日の1週間以内くらいから月経を止めたい日の前日まで服用していればその期間中は生理を来させないことが可能なのです。

ただし、マーベロンを使って一定時刻遅らせた場合、変更後の生理が来たときに出血量や月経痛が強まることもあります。
仕事にプライベートにと忙しい毎日を送る現代女性たちですが、手軽にできるからと月経移動を繰り返すのはやめましょう。
ホルモンバランスをコントロールする以上は身体への負担も大きいのです。
どうしてもという時の最終手段として用いるようにし、できれば生理日あたりに旅行などの大きな予定は入れないようにしましょう。
基礎体温をきちんと付けていれば、更には日常生活をきちんとして月経の周期を崩さずにいるのであれば、次の月経がいつやってくるかは大体分かるはずです。
その時期はできれば自宅でのんびり過ごすようにしましょう。

マーベロンで生理を遅らせた後は出血量が多くなる

マーベロンには女性ホルモンが含まれているために、マーベロンを飲むことで体の中の女性ホルモンの量を人工的に変化させることが可能になります。
通常は排卵が起こった後に黄体ホルモンの量が徐々に増えていき、生理がきた後には黄体ホルモンの量が減少していきます。
そういった作用を利用して、マーベロンを服用することで意図的に黄体ホルモンの量を増やし、服用を止めると黄体ホルモンの量が減るために生理が起こります。
早めに生理を起こしたい時には、そのようにして生理を起こしたい日の数日前にマーベロンの服用を中止すると自分が決めた予定通りに生理を起こすことができます。

反対に生理の日にちを遅らせたい場合には、マーベロンを服用し続けることで黄体ホルモンの量が高い状態をキープして生理が起きないようにし、マーベロンの服用を止めた後に生理がきます。
旅行の予定日の1週間以内から服用を始めることで月経移動をすることができます。

このようにして月経移動を行って一定時刻生理を遅らせた場合には、自機をずらして生理がくることになりますが、変更後はいつもよりも出血量が多かったり月経痛が強まるという症状が起こる可能性があります。
これはマーベロンの服用で体の中に女性ホルモンを取り込んだことで、身体の中で分泌される女性ホルモンの量が変動し、ホルモンバランスの乱れが起きることがあるからです。

マーベロンを用いて月経移動を行うことは、身体の中のホルモン量に変化を与えるため、体への負担がかかってしまいます。
そこまで大きな被害を体に与えることはないので心配することはありませんが、あまり頻繁に繰り返しているとホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。
月経移動を行う時にはそういった負担があるということも忘れないようにしましょう。